tohimoto's Diary

岡山を中心とした鉄道写真や旅行記などを載せています。

2018/9/22~24 山陰めぐりパスで山陰へ(1)

一年ぶりの投稿です。ちなみにこの一年の間に進学で岡山から大阪へ引っ越しました。

今回は、e5489で大阪市内発着12,000円で発売されている(12/24利用開始分まで)“山陰めぐりパス”を使って山陰へ行ってきました。(きっぷの詳細はおでかけネットへ)

一年前の記事も山陰ですがたまたまです。

1日目

最寄りの近鉄弥刀駅から鶴橋でJRへ乗り換え新大阪へ向かいました。e5489で購入しておいたきっぷは鶴橋で受け取り、鶴橋から山陰めぐりパスを利用開始しました。

新大阪からは6:50発のさくら543号で岡山へ、岡山からやくも3号で出雲市へ向かいます。この切符は、往路やくも、復路はくとのルートと往路はくと、復路やくものルートが選べますが今回は往路やくものルートを選択しました。

この日は三連休初日ということもあり新幹線、やくも共に混雑していました。ただ、やくもは予約時点では隣の席も埋まっていましたが、なぜか実際には隣は空席でした。あと、この窓割りも乗り心地も悪い381系はいつ置き換えられるんでしょうか…。

 

出雲市に到着すると、ちょうど山陰迂回貨物の到着時刻だったため少しだけ撮影。

普通に後ろが切れてますが気にしない

この後、スーパーおき3号で津和野へ向かいました。津和野では駅弁のかしわめしを。折尾のものとはまた違った味で美味しかったです。(中身の写真は撮り忘れました)

また、丁度運休していたSLやまぐち号の試運転があったようでD51DD51、そして35系客車が停車していました。

津和野では1時間ほど時間があり、駅周辺を散策。駅の北側にある転車台で、試運転でやってきたD51が回転しているようすも見ることができました。

津和野駅へ戻り普通列車で益田へ。益田からスーパーまつかぜ12号に乗り継ぎ終点の鳥取まで3時間35分乗車しました。鳥取についたのは19時42分。この日は鳥取の東横INNに宿泊しました。

 

続く(そのうち書きます)