読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tohimoto's Diary

岡山を中心とした鉄道写真や旅行記などを載せています。

2017/3/8~10 台湾鉄道一周の旅(3)

旅行記

前回
tohimoto-diary.hatenablog.com
はじめ
tohimoto-diary.hatenablog.com

高雄→桃園国際空港→関空→岡山

3日目最終日はホテルを出て地下鉄で高雄駅へ。”岡山”方面行きの地下鉄に乗車します。
f:id:tohimoto:20170310062540j:plain
台湾にも”岡山”という地名があり、この高雄捷運紅線は小港駅から南岡山駅を結んでいます。

高雄を朝7:00発の自強号112次で。
(写真撮り忘れた)
この自強号はヨーロッパなどでよく見られる両端の先頭車が動力車の動力集中方式のE1000型です。
(参考画像)
f:id:tohimoto:20170319171811j:plain
Wikimedia Commonsより(https://commons.wikimedia.org/wiki/File:TRA_E1000_E1020.jpg

また、台湾の西側を走る縦貫線には彰化駅~竹南駅間で海線、山線に分岐しておりこの列車は海線経由でした。
この列車で新竹駅へ。所要時間は4時間弱ほど。
新竹から桃園へは高鉄(台湾新幹線)を使いますが、台鉄の新竹駅と高鉄の新竹駅は駅名は同じでも別の場所にあります。多分、台鉄と高鉄が別会社なためでしょうが、日本のように”新”でもつけてもらえるとありがたいのですが。
その高鉄新竹駅までは接続線の六家線で向かいます。
f:id:tohimoto:20170310105636j:plain
新竹駅のでっかい発車標。上段”北上”の1728次區間車に乗ります。
新竹駅にはこの他にもLCDの発車標もありました。

f:id:tohimoto:20170310125305j:plain
こちら韓国ロテム製のEMU600型で高鉄新竹駅との接続駅の台鉄六家駅へ。
車内LCDもありました。

f:id:tohimoto:20170310133344j:plain
20分ほどで六家/新竹駅へ到着。写真は高鉄のホームから撮ったものですがこのように建物は違うものの隣接しています。

f:id:tohimoto:20170310133726j:plain
そして高鉄818次。この列車は東海道・山陽新幹線のこだまにあたる各駅停車タイプですが、車内の席はほとんど埋まっていました。
高鉄桃園駅へは10分で到着。高鉄桃園からは先日開業した桃園機場捷運で空港へ。
キャセイパシフィック航空CX564便で帰途につきました。
機内食はチキンカレー。他の選択肢は前の方の席で売り切れていたのかこれ一択でした。
f:id:tohimoto:20170310170807j:plain

ルートのおさらい

f:id:tohimoto:20170319173903p:plain
この地図のように台湾島を桃園から時計回りに鉄道だけで一周してきました。
台湾は日本からも近く鉄道も似ているのでまた機会があれば行きたいと思います。

鉄道コム

2017/3/8~10 台湾鉄道一周の旅(2)

旅行記

前回の続き。遅くなってすみません。
tohimoto-diary.hatenablog.com

台北→台東

二日目はいよいよ台湾一周へ入ります。日本ではよくフリーきっぷを利用しているので台湾のフリーきっぷであるTR-PASSの使用も検討したのですが、予約ができなかったり通常運賃とほとんど変わらなかったりしたので普通に切符を買いました。切符は2週間前から発売で日本からでもネット予約、クレジット決済しておけば台鉄の自動券売機で受け取ることができます。
というわけでまずはホテルから地下鉄で台北駅へ。地下鉄は日本と同じく3分間隔ほどで朝の通勤ラッシュで混み合っていました。
時間があったので台北駅のホームで少し撮影。台北駅は地下ホームです。
f:id:tohimoto:20170309100858j:plain
1008次 區間快七堵行

f:id:tohimoto:20170309101150j:plain
2114次 區間車基隆行

どちらもEMU800型です。このEMU800型ですがJR四国の8000系と似ているなあと思っていたところ、前回の記事を投稿した後にJR四国と台鉄から友好鉄道協定1周年相互記念事業として相互でEMU800型と8000系のラッピングをして運転されることが発表されました。
台湾鐵路管理局との友好鉄道協定1周年相互記念事業の実施について:JR四国

f:id:tohimoto:20170309101712j:plain
そして乗車の普悠瑪(プユマ)号(全車指定の特急)412次。台北駅8:50に出て、台東には12:55に到着します。普悠瑪号は日本車輌で製造されたTEMU2000型が使われており、日本でも甲種輸送の際に話題になりました。また、東武鉄道では普悠瑪号のラッピングをしたりょうもう号も走っています。
これに乗車して台湾南東部の台東へ。車内はほぼ満員で予約しておいた甲斐がありました。車窓はあまり撮っていないのですが、山側の席だったので中央山脈(?)を望むことができました。
f:id:tohimoto:20170309123543j:plain

そして台東駅到着。
f:id:tohimoto:20170309132458j:plain

お昼だったので弁当を買ってベンチで食べました。
f:id:tohimoto:20170309125919j:plain

f:id:tohimoto:20170309125953j:plain
この駅弁、台鉄便當といって有名で主要駅で大量に売られています。しかも値段は60元(約230円)(だったかな?)と大変お安くそれでいてとても美味しかったです。

台東→高雄

台東駅で一時間ほど時間を潰した後はさらに南下し台湾第二の都市高雄へと向かいます。
台東~潮州間は非電化でディーゼル列車で運行されています。
ホームに上るとちょうど団体の観光列車が停車していました。
f:id:tohimoto:20170309151334j:plain

その後の自強号(特急にあたる列車)314次に乗車します。
f:id:tohimoto:20170309151544j:plain

f:id:tohimoto:20170309151825j:plain
この車両も日本の日立製作所が製造したDR3100形です。
車内はこんな感じで日本とほぼ同様。
f:id:tohimoto:20170309151925j:plain

この列車で潮州へ。左手には太平洋が見えますが、指定は右側だったので残念ながら見えず。
2時間ほどで潮州へ到着しました。
f:id:tohimoto:20170309173840j:plain
この自強号はそのまま高雄を超えて高鉄との接続駅である新左営行きですが、潮州で降りたのには理由がありまして。
後続の莒光号524次に乗車するためです。莒光号は日本の急行にあたる種別で客車列車で運行されています。時間がかかるのですが乗っておきたいと思いここに組み込みました。
f:id:tohimoto:20170309174624j:plain
時間がかかるとは言っても潮州~高雄間では自強号とはほぼ変わらず、車内も空いていて快適でした。
そして高雄へ到着。地下鉄で一旦ホテルへ行き、その後六合夜市に出かけました。
f:id:tohimoto:20170309192419j:plain
夜市では胡椒味の肉の餡をパリパリの皮で包んだ“胡椒餅”や甘みのある台湾風ソーセージを食べ、二日目は終了です。

宿泊したホテルはこちらの陽光大飯店。
ホテルサンシャイン(高雄陽光大飯店)(HOTEL SUNSHINE) 宿泊予約【楽天トラベル】
こちらも日本語が通じました。
f:id:tohimoto:20170309173656j:plain
立派な外観ですが料金は1575元(約5800円)とビジネスホテル並みでした。

3日目に続く

鉄道コム

2017/3/8~10 台湾鉄道一周の旅(1)

旅行記

3/8から3日間、台湾を鉄道で一周する旅に行ってきました。
台湾の鉄道は台灣鐵路管理局が運営していて台湾を一周するように鉄道が走っています。また、日本でも有名な“台湾新幹線”こと台湾高鉄は別会社で台湾の東側を台北から高雄へと南北に走っています。
今回は台灣鐵路管理局(以下台鉄)を利用(一部高鉄も)して台湾をほぼ一周してきました。

岡山→関西国際空港→桃園国際空港

台湾へは関西空港からキャセイパシフィック航空を利用したのでまずは関西空港へ。
午前中の便だったので早朝のリムジンバスを利用しました。

岡山から関西空港へのリムジンバスは両備バス南海バス関西空港交通が運行していますが今回は南海バスの運行便。
f:id:tohimoto:20170308070123j:plain
山陽ICを5:33の便に乗車。白鳥PAでの休憩を挟み、第二神明阪神高速と経由して関西空港へは8:40頃到着しました。
関西空港からキャセイパシフィック航空CX565便。台北経由の香港行きです。
f:id:tohimoto:20170308101813j:plain
機内食はチキンソテーと白身魚のあんかけから選べ、チキンソテーをいただきました。
f:id:tohimoto:20170308114646j:plain
その後、シン・ゴジラを見ているうちに台湾・桃園国際空港に到着。関空から3時間半という短時間の空の旅でした。
桃園空港に到着したものの入国審査が長蛇の列で30分以上待ってやっと入国。入国待ちのときは空港のフリーWiFiに繋げようとしたもののうまく繋がらず…。スマホを再起動させてやっと繋がりました。
入国後、空港のコンビニへモバイルWiFiルーターを受取りに。今回は台湾のレンタル会社「iVideo」のモバイルWi-Fiルーターをレンタルしました。中華電信の4G版で3日ともとても快適でした。しかも通信制限なしというのがすごい。
f:id:tohimoto:20170309224849j:plain

桃園空港→台北市

その後は台北への移動です。従来は空港から台北市内へはバスかバス+高鉄が一般的だったようですが、ちょうど直前の3/2に桃園機場捷運が開通。捷運とは地下鉄のようなもので空港と台北が鉄道で結ばれていました。
f:id:tohimoto:20170308150735j:plain
台北までのほとんどの区間は高架線で山の合間を縫って走ります。台北駅へは35分ほどで到着します。
台北駅からは台鉄に乗車し松山(ソンシャン)駅へ。
お目当てはこちら。
f:id:tohimoto:20170308162153j:plain
“松山”駅ということでJR四国松山駅と姉妹駅となっており2016年には友好鉄道協定を結んでいるJR四国との「台鐵×JR四国交流館」です。
館内には協定書などが展示されていました。
また向かい側には8600系のこんな看板も。
f:id:tohimoto:20170308162346j:plain
また松山駅の各所にはJR四国のキャラクター「SHIKOKU SMILE STATION」のスタンプが設置。台湾の松山駅版もあります。
f:id:tohimoto:20170313015409j:plain
駅自体は地下にありますが地上には駅ビルのような商業施設があります。
そこにちょうどマクドナルドがあったのでハンバーガーを。台湾に来て一発目の食事がマックだけど気にしない。
松山駅には地下鉄である台北捷運も乗り入れています。帰りは地下鉄でホテルへ向かいました。
松山駅から松山新店線で松江南京、中和新蘆線へ乗り換えてホテル最寄りの中山国小へと乗車しました。
ちなみに地下鉄駅構内、車内は飲食禁止ですのでお気をつけて。
f:id:tohimoto:20170308172620j:plain
駅を出たところはこんな感じ。モスバーガーも宅急便のトラックもいて異国感があんまり…。
ホテルは楽天トラベルで予約したこちらのグッドライフホテル(上華旅桟)へ。
グッドライフホテル(上華旅桟)★2016年5月リニューアル★(Good Life Hotel) 宿泊予約【楽天トラベル】
一泊1,780元(約6,600円)と日本のビジネスホテルとさほど変わらず部屋も広く快適でした。

二日目はいよいよ台湾一周へ。
つづく。

鉄道コム